山紫水明の近江路は歴史と自然がとけあって、美しい湖国ならではの風情で旅するあなたを迎えてくれます。
古来、このあたりは京から東海へ、北陸へと行き交う要衝の地でした。
数えきれない人間ドラマを見つめ、今もそこかしこに残る歴史のあと、観音の里と知られ、多くの寺や仏像が静かにたたずみ、名園、古戦場など湖北の地にふさわしい名残りをとどめています。

小谷城跡

小谷城は浅井氏三代の居城であった国指定史跡の山城で、日本五大山城の一つに数えられます。北陸道と中山道の要所をおさえ、琵琶湖へも近くまさに重要な城でした。今もなお、地形を巧みに利用した遺構が残り、眼下には壮大な景色が広がります。
標高約495m小谷山(伊部山)から南の尾根筋に築かれ、浅井長政とお市の方との悲劇の舞台として語られる城です。戦国大名浅井氏の居城であり、堅固な山城として知られましたが、元亀・天正の騒乱の中で4年間織田信長に攻められ落城しました。その後、北近江の拠点は長浜城に移されたために廃城となりました。現在は土塁・曲輪などのほか、先駆的に取り入れられた石垣なども遺構として残っており、国の史跡に指定されています。

竹生島

琵琶湖の北部に浮かぶ島で、琵琶湖国定公園特別保護地区、国の名勝および史跡に指定されています。湖岸から約6kmの沖合に浮かぶ周囲約2kmの島はパワースポットとして知られ、島全体が神秘的な空気に包まれており、全国から多くの人が訪れます。宝厳寺(西国三十三所三十番)「弁天様の幸せ願いダルマ」や、都久夫須麻神社(竹生島神社)の「かわらけ投げ」は、諸願成就として人気です。

彦根城

姫路城、松本城、犬山城、松江城とともに国宝に指定されている彦根城。天守をはじめ、重要文化財の各櫓、下屋敷の庭園である玄宮園、内堀・中堀などが当時の姿を留めています。全国的に見てもきわめて保存状態のよい城跡で、年間を通じて多くの人々が訪れます。 江戸時代および明治2年の版籍奉還後から明治4年の廃藩置県まで彦根藩の役所が置かれました。天守、附櫓及び多聞櫓は国宝、城跡は国の特別史跡かつ琵琶湖国定公園第1種特別地域です。

孤篷庵

承応2年(1653)、に小堀家の菩薩寺として2代目宗慶が建立した。臨済宗大徳寺派に属する寺で、京都大徳寺孤篷庵に対して近江孤篷庵といわれています。参道をゆっくり曲がった付近で、山門が突如見え、直前まで入口が見えない不思議な設計です。庭園、屋敷内もすべて遠州流の傑作とされるもので、枯山水と池泉回遊式庭園は起伏を巧みに活かされています。庭園は四季を通じて美しく、特に、紅葉の季節は一層の趣があります。

如意輪観世菩薩 小谷寺(湖北町)

小谷寺(湖北町小谷城跡の山麓に静かなたたずまいをみせている小谷寺は、浅井家の祈願寺としてお市や三姉妹もたびたび詣でたと伝わります。小谷落城の際、本尊以外は焼失してしまいましたが、後に長浜城主となった豊臣秀吉により再建されました。ご本尊の如意輪半跏思惟像は奈良時代の作とも言われ、かすかに微笑をたたえ物思いにふけるお姿は、まさしく中宮寺、広隆寺の観音像に通じるものがあります。ほかにも、お市の方が嫁入りに尾張より持参した愛染明王像や淀君が大坂城で作らせた長政公の像が残されています。

■十一面観音立像(国宝) 向源寺(高月町)

十一面観音立像(国宝) 向源寺(高月町) 聖武天皇の勅願により建てられた向源寺は、今では観音堂と仁王門だけが残っています。真宗大谷派の寺院お堂に安置される十一面観音は、日本全国に七体ある国宝十一面観音の中でも最も美しいとされる日本彫刻史上の最高傑作といわれ、天平美術の逸品で国宝です。祈りの仏にふさわしい、慈愛に満ちたお姿の観音さまです。

■十一面観音菩薩(重文) 石道寺(木之本町石道)

十一面観音菩薩(重文) 石道寺(木之本町石道) 欅材の一木造で平安中期の作と言われています。華やかな珱珞で飾った頭、顔にただよう流麗な線、かたく結ばれた唇にはほのかに残る紅の色と、その像容は慈愛に満ちあふれ、観るものの心を温めてくれます。

賤ヶ岳

南北に奥琵琶湖と竹生島、東に伊吹山、北に余呉湖を一望できる賤ヶ岳は、琵琶湖八景の一つとして知られています。1583年(天正11年)、羽柴秀吉と柴田勝家が覇権を争った「賤ヶ岳の戦い」の戦場跡で、戦跡碑、戦没者の碑があります。また、琵琶湖と余呉湖のふたつの湖の景観と史跡を巡る多彩なハイキングコースが整備されています。

伊吹山

滋賀県米原市、岐阜県揖斐郡揖斐川町、不破郡関ケ原町にまたがる標高1,377 mの山です。山域は琵琶湖国定公園に指定されています。日本武尊(やまとたけるのみこと)の伝説にも登場する歴史的な山で、古来より薬草や亜高山植物、野鳥、昆虫の宝庫としても有名です。

ローザンベリー多和田

自然に囲まれた静かな山あいに、13,000㎡もの広大なイングリッシュガーデンがあります。バラやクレマチスや四季折々の山野草が植栽され、1年を通して様々な風景がお楽しみいただけます。園内には、野菜をふんだんに使用した身体に嬉しいバイキングレストランや、庭を眺めてゆったりくつろげるカフェ、体験型のバーベキューも併設。また、丘の上のエリアには、「妖精と暮らす村 フェアリーガーデン」や「羊のふれあい牧場」もあり、エサやり体験や羊のお勉強会も開催しています。