Home > むくろじ通信 Archive

むくろじ通信 Archive

2018謹賀新年

 

新年あけましておめでとうございます。

東北・北陸の荒れた様子に比べると、心配していた積雪もあまりありませんでした。穏やかに新年を迎えることができました。

例年と同じように立派な門松を宿直担当の方に建てていただきました。高さは二メートル以上もあります。年始のテレビ番組で門松とは歳神様を迎えるためだそうです。年末に大掃除をするのも歳神様を迎える準備だとは初めて知りました。鏡餅にもそのいわれがあるとのことです。鏡に神様が滞在されるそうです。だから、包丁で切ってはいけないそうです。今まで何十年も包丁で切って来たのに。新しくなるのは良いことですが、大事なことを置き忘れているような気もします。

*阪神ファンの私たちにまで「夢」を分け与えていただいた星野仙一さんがお亡くなりになりました。本当にさびしい。

 

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

年末寒波第2弾

本日(12月18日)早朝、二度目の冠雪となりました。前回12月13日は、本当にうっすらと雪化粧しただけでした。今回は厚塗りまではいきませんが、5、6センチの積雪です。

1枚目の写真は、当温泉旧館前で撮った写真です。美しい雪景色なので撮影しました。2枚目は須賀谷自治会の集落と小谷山の雪景色です。

道路の状況ですが、通行に差し障りがあるほどは降ってはいません。今のところは自家用車は大丈夫ですが(もちろんスノウタイヤ着用はしてください)今後の天気予報にご注意のうえおいで下さい。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

長浜市も広うござんす?

長浜市内にある北陸線の駅名を、南から列挙すると「田村」「長浜」「虎姫」「河毛」「高月」「木之本」「余呉」「近江塩津」と8駅もあります。合併前の長浜旧市内は田村長浜のみです。高月以北は本当に大げさではありませんが、500メートル北進するたびに積雪量が変わります。

当館の最寄り駅は「河毛」駅ですので、市内の中間部に位置しますが、山沿いになりますので、同じ中間部の湖岸沿いよりは積雪が多くなります。

本日の(12月13日朝6時30分)写真をアップしましたが、昨日の天気予報から考えると嬉しい肩透かしになった感があります。昨夜、私は、夜勤なので長靴や防寒具を精一杯準備しました。朝起きてホッとしました。うっすら雪化粧までも行っていません。いつもお客様を車で送迎するときには雪見風呂が最高なんて言っているのですが、我が身に雪が降りかかってくるのはたまりません。本音です。

今のところ積雪は問題なさそうですが、車でおいでになる方は雪対策をしておいで下さい。最後に、当館の源泉の一番の特徴は何と言っても湯冷めしにくいことです。万全の準備をしておいで下さい。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

2017黄葉と紅葉

ムクロジの木の黄葉です。

もう少しで鮮やかな黄色になりそうです。先日、このムクロジの黒い種を使って羽子板の羽根を作っていただいたお客様にご来泉頂きました。7月のご予定でしたが、来ていただいて2階への踊り場に飾らせて頂いている羽根を見ていただきました。たいそう喜んでいただきました。

2枚目の紅葉は、当館隣のグラウンドゴルフ場の紅葉越しに当館を撮影しました。近江孤篷庵にお客様をお送りしましたが、次回のムクロジ通信にも紹介いたしますが、ちょうど見ごろの紅葉でした。鶏足寺もちょうど見ごろのようです。是非おいで下さい。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

湖北の偉人

湖北高月町内の田園風景の中に突如として現れるのが、このお城のような建物です。写真見てすぐお分かりのように、日本の城ではなくて中世ヨーロッパのお城のような建物です。

この建物は、現在、長浜市高月町東阿閉自治会の公民館として利用されています。この建物は現天皇陛下が美智子様とご成婚なされた昭和34年に建てられたものです。

 

なぜこのような建築物が田園風景の真ん中に建てられたのでしょうか。この顕彰碑に書かれていますが、ヤンマー株式会社の初代創業者社長がこの自治会の出身だったのです。山岡孫吉翁は若いときドイツに渡り大型ディーゼルエンジンを小型化して日本の農業用漁業用のエンジンとして売出し大成功をおさめたのです。若いときに都会へ出られたのですが故郷のことを忘れず地元自治会だけでなく近隣の小中学校にまで多大な寄付をされています。私の出身小中学校にも大きな石碑に「美しき世界は感謝の心から」という山岡孫吉翁のお言葉が刻まれていました。

 

なお、1枚目の写真の山は、小谷山です。当館は、この山の右手裏側に位置しています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

コスモス街道

昨日、当館近辺の姉川上流を中心に、浅井お市マラソンが実施されました。これらの写真の姉川上流の草野川沿いの道路を往復します。地元の方々はこの大会に合わせてきれいに咲くようにコスモスを手入れされているようです。ハーフマラソン一般男子だけでも2,346人の参加があったようです。参加費はハーフ一般男子で4000円です。参加賞として浅井の新米とTシャツがもらえるそうです。全国ランニング100選にも毎年選ばれているほど有名な大会だそうです。

前回のブログにも、曼珠沙華の写真をアップしましたが、このコスモスの場所は曼珠沙華より二三百メートル下流ですぐ近くです。

 

毎年秋この道を通るたびに「綺麗だ、素晴らしい。」とだけ思っていたのですがこんなに地元の人たちが手入れされているとは知りませんでした。ご苦労様です。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

秋色二題

 曼珠沙華が満開でしたので撮影してきました。

お彼岸の季節、田んぼのあぜ道や土手で見かけることが多いですが、これはモグラやノネズミがあぜ道や土手に穴を開けるのを、彼岸花の毒性のある球根を植えることで防ぐためだったそうです。また、彼岸花の根茎は強いため、田んぼのあぜ部分に植えてあぜの作りを強くするためだそうです。

縁起の悪いイメージがありますが、これは墓の周辺植えられて、動物が墓を掘り返すのを防ぐために植えられたようです。又非常時の食料としても利用されたようです。毒性があるのでさらして色々な処理をしないと食することができなかったようです。飢饉が起きた時の本当に非常用として利用されたようです。

この曼珠沙華は、長浜市徳山町周辺の姉川上流の草野川の土手付近に咲いているのを撮影してきました。かなりたくさんあって圧巻の赤色です。

三枚目は当館向かいの須賀谷地区自治会館の敷地から当館に向かって咲いている「金木犀」です。匂いを届けたいぐらいに、いま、強く香っています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

秋の空

近隣の小中学校では、運動会の練習の声が聞こえます。

いつまでも続くかと思われた暑い天気も穏やかになり、朝夕は本当に過ごしやすくなりました。9月3日の早朝、当館駐車場に出てみるとこのような素晴らしい秋の空が見られました。1枚目と2枚目の雲はひつじ雲(高積雲の俗称)と呼ぶのでしょう。似たような呼び方で、さば雲、いわし雲、うろこ雲と呼ばれるものもあるようです。これらは、巻積雲(けんせきうん)の俗称でそれぞれひとつずつ形が違うようです。3枚目は巻雲あるいは絹雲と呼ぶのでしょうか。ところで、この夏大雨を降らした積乱雲は今年はもう十分お目にかかりましたので終わりにしてほしいものです。

秋らしい雲なので気持ち良く爽やかにアップしてみました。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

蜩の鳴く中庭

「カナカナ」

とやかましく鳴いている蜩の声に交じって、「ツクツクホウシ」という鳴き声が聞こえるようになってきました。学生時代この声を聞いていつも焦っていたものでした。(夏休みが終わってしまうのに、宿題がたくさん残っている。ああ、どうしよう。)覚えのある方もおられると思います。

この蜩の声は、露天風呂と中庭でよく聞こえます。1年間を通じて露天風呂で季節を感じる三つのタイミングがあります。一つ目は、春の桜が散る時です。露天風呂に桜の花びらが舞います。二つ目は、夏の蜩の声です。夕方しんみりと蜩の声を聴くのも趣があります。三つ目は冬の早朝雪が舞っている中、露天風呂に入るのは、本当に「いとをかし」です。

 

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

満開の蓮の花です

昨年から、滋賀・岐阜などで蓮が育たなくて風景が一変したと問題になっています。原因についてはいろいろと取りざたされていますが、今ひとつわからないようです。

2枚の写真をご覧ください。満開でとても美しい蓮の花です。撮影日は2017年7月18日です。500メートルほどの南の奥琵琶湖スポーツの森では咲いていません。そういう意味では貴重な蓮の花です。

ところで、この場所は早崎内湖といって小さな湖があったところです。かつて食糧増産ということで全国的に干拓がなされました。淡水の琵琶湖ですので外海に比べて条件が良いようです。琵琶湖周辺もたくさん干拓されました。早崎内湖ビオトープは、昭和45年に完成した干拓農地(早崎内湖干拓地)の約5分の1を湛水し、動植物の調査を行っている、日本最大のビオトープ実験地です。

滋賀県では、平成13年からその一部(約20ha)で試験的に湛水し、内湖再生の可能性を探ってきましたが、モニタリング調査の結果、在来魚類をはじめ多様な生物の生息が確認されたため、試験湛水地の土地を買収し具体的な内湖再生に着手しています。ビオトープ実験調査がはじまってからコハクチョウが年々増え、現在では滋賀県内の有数の飛来地となっています。(早崎内湖ビオトープ ホームページより)

また、冬コハクチョウの写真をお楽しみに。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > むくろじ通信 Archive

Search
Feeds
Meta

Return to page top