ヤマボウシ(山法師、山帽子)

  季節ごとに、見たい花があります。4月は言わずと知れた桜の花です。5月はサツキ・ツツジです。さて6月は、ユリや卯の花も捨てがたいのですが、この写真のヤマボウシです。お見かけの通り派手な咲き方ではありませんが、白くて気品ある姿は、深窓のご令嬢を思わせます。(私見です)

 

ハナミズキトいう特に最近有名になった花があります。ヤマボウシとは近縁種でハナミズキのことを別名アメリカヤマボウシともいうそうです。よく似ているので間違うこともあるようです。

ところでこのヤマボウシは見かけによらず、おいしい果実を付けます。まるで熱帯の果樹のような味わいだそうです。引用ですが果肉はやわらかく黄色からオレンジ色でありマンゴーのような甘さがある。果皮も熟したものはとても甘く、シャリシャリして砂糖粒のような食感がある。果実酒にも適する。(ウィキぺディアより)

前の記事

海の奈良

次の記事

紫陽花